犬がトイレにイタズラして困った方必見!ズバリ防止策教えます

【あなたが何気に選んでいるドッグフードが愛犬の健康を害している可能性があることをご存知ですか?】

愛犬にはいつまでも健康で長生きして欲しい。わんちゃんを飼っている人なら誰もがそう願いますね。

しかし、そうあって欲しいと思っていても飼い主の都合でわんちゃんの健康を害してしまう場合があります。

その大きな原因は毎日の食事にあります!

わんちゃんに毎日食べてもらっているドッグフード。たかだかドックフードくらいと思っていませんか? されどドッグフードです。しかも、毎日食べるものです。

私達も毎日の食事を疎かにして「健康に気を使ってます」なんて言えませんよね。

特に、「ミール」と「オイルコーティング」の恐怖を知ってしまってからは絶対に原材料を確認して、人間でも食べれる食事を与えています。

毎日の健康は毎日の食事から。わんちゃんのことを大事に思っている方なら、すぐにドッグフードを考えなおしてください。

ここでは自称犬オタクの私が愛犬のラテ、マロンのために一生懸命考えて選んだドッグフード「このこのごはん」を紹介します。

このこのごはん商品レビュー
ラテとマロンにいつまでも元気にいてほしい。本当に体にいいものだけを与えたい。だから私は国産無添加のこのこのごはん一択です。しかも、好き嫌いの多いラテが毎日完食?! この食い付き半端ないです!!

このこのごはんを徹底大解剖!! 私がこのこのごはんをお勧めする理由とは?!

2019年2月3日

の困った行動の、ナンバーワンと言えば、やっぱりトイレ関係のトラブルでは、ないでしょうか。

犬にとっても、トイレは毎日使うものなので、イタズラの標的にしやすい、ということもあるんでしょうね。一口にトイレのトラブルと言っても、ワンちゃんによってやることは、色々だと思います。

よく聞くのは、トイレシートをぐちゃぐちゃにして荒らしたり、力が強ければトイレトレーを破壊したり、壊して分解してシートも引っ張り出してビリビリに破いたり、などなどでしょうか。

飼い主が犬のイタズラに、目をつぶっているのは明らかに間違っていますが、ただ叱るだけでは、問題行動の改善が難しいのもまた事実。しかし行動の裏には、必ずその原因があります。

犬が引き起こすトラブルは、飼い主に対する犬からのメッセージ、とも言えるわけです。だから原因について、しっかり考えてみる必要があるんです。

イタズラするようになる原因には、多くの可能性が考えられます。それはひとつかもしれないし、複数かも知れません。でも普段の付き合い方を考えていれば、自ずとある程度答えが出てくる、かもしれません。

これを些細な事、と思って見過ごしていると問題をこじらせたり、より深刻な問題に発展する可能性だってありますよ。

何より飼い主さんが、そうした犬の問題行動の後始末で神経が参ってしまって、ワンちゃんとの楽しい生活どころでなくなってしまう、そんな事になったら、犬も人間もお互い不幸ですよね。

私もそんな悲劇は、出来るだけ起こって欲しくないので、今回は犬のトイレに対するイタズラで、お困りの皆さんのために、防止策をご紹介したいと思います。

Sponsored Link

犬には毎日の遊びや運動が不可欠

ラテが来たときはぼくも犬を飼うのは初めてだったから、慣れない上に解らないことが多くて大変だったよ。
あら?それなら飼い主として成長できたのはわたしのお蔭じゃない。ごほうびよろしくね?
ハイ。ビーフジャーキーデゴザイマス。
ご、ごしゅりんさま。

犬が何か問題を起こすのは、自分の置かれた状況に不満があるんです。そしてそれは大抵飼い主のやり方に問題がある、ということです。

基本的な事ですが、犬は毎日一定時間、適度な運動をさせる必要があります。それが十分でないとイライラして、欲求不満から問題行動を引き起こします。

狭いケージに長時間閉じ込められていて、散歩や遊びにも十分連れて行ってもらえないのでは、どんなワンちゃんでもストレスがたまってしまいますよ。

実際に毎日十分な運動、は無理かも知れませんが、その分時々はドッグランなどで、思いっきり遊ばせてあげましょう。とことん遊んで疲れると、ストレス解消されて、犬も満足して素直になることが多いです。

皆さんもよく経験する事と思いますが、気分転換に運動したり、美味しいものを食べたり、旅行したりすると、もやもやした気分が吹き飛んで、スッキリしますよね。犬に対してもまずは、こうした基本的なことを試してあげて下さい。

その上でさらに、個別の防止対策を立てましょう。問題の原因は大抵身体的、心理的な欲求不満から来るストレスですから、この運動に関する基本事項を守るだけでも、問題が解消してしまう場合もあります。

 

犬の習性を理解して防止する

犬の習性を無視して、小手先だけ対策しても、効果は上げられないよ。まずは犬の住環境や、付き合い方から見直してみよう。

犬はきれい好き。ケージとトイレの距離

犬が普段生活する、ケージやサークルと、トイレの距離が近すぎませんか。犬は清潔を好むので、本能的に自分の居住スペースから、糞尿を遠ざけようとします。

犬がフンや、トイレシートを咥えて持ち運んだり、隠したり、飼い主に見せに来る場合も、それを早く片づけてくれ、という催促のサインであるケースが、よくあります。

ぼくはきれい好きだから、トイレはこまめにお掃除してくれるとうれしいんだ。
犬はみんなそうよ。

こうした犬の習性を考えると、ケージとトイレが一体になったタイプだと、排泄物が近すぎます。それがストレスになって、イライラしてトイレに攻撃をしている、のかもしれません。そうでなくても、出来るなら犬の居場所から、離れたところにトイレを置いてあげたいですね。

トイレシートがおもちゃになっている

ケージに入れられた犬は、退屈しています。そんな犬にとって、トイレシートをびりびりに破いたり、使った後のシートをぐちゃぐちゃにすることが、とても楽しい遊びになります。

シートを破いたり、ぐちゃぐちゃにするより、もっと楽しくて、興味を引くようなおもちゃを与えてみれば、そちらに気を引かれて、イタズラが治まるかもしれません。

レディをこんな子供騙しのおもちゃで釣れると思って?それともこれはわたしに対する挑戦なの?いいわ思い知らせてあげる!ガシャガシャガシャ!
ふふふ、はまってるはまってる。
ハッ!?

コミュニケーションだと思ってわざとやる

イタズラに対して叱っているつもりでも、犬にとってはただの飼い主との遊びで、コミュニケーションの一環と感じている、かもしれません。

犬がトイレをおもちゃ代わりにして、イタズラするたびに犬を叱ったり,悲鳴を上げたり、後始末に追われますよね。でも犬によっては、そんな飼い主の姿を、自分を構ってくれている、遊んでくれている、と解釈してしまうんですよ。

こうなると、飼い主が必死になればなるほど、犬は勘違いしてしまうので、叱っても逆効果になります。犬に誤ったメッセージを伝えないためにも、イタズラに対する反応を、変える必要があります。

そして、トイレがおもちゃで無いことを理解させるためにも、犬と遊ぶ時間の一部を、そのためのトレーニングタイム、としてみてはどうでしょうか。

さびしくて気を引こうとする

犬はコミュニケーションの生き物ですから、なるべくワンちゃんと一緒の時間を、作りましょう。普段接する時間が少ないと、ワンちゃんはさびしくなって、構ってもらおうと、必死に飼い主の気を引こうとします。それがトイレへのイタズラにつながるのです。

ワンちゃんが、恨めしそうな目でこちらを見ているなら、なるべく出してあげましょう。出すのも面倒かもしれませんが、トラブル起こされてからじゃあ後始末も含めて、余計に面倒ですよ。

どんなに忙しい飼い主さんでも、さすがに家の中でトイレを荒らされたら、対応せざるを得ませんからね。犬って本当に頭がいいですね。

あー今日は仕事で遅くなって疲れたからすぐ寝たいな。
じーっ…
か、感じる。ラテの出せ出せオーラをまとった目線を(汗)

トイレを荒らせば出られる、と学習した

トイレにイタズラする→飼い主がシート交換する→交換作業中外に出される
こうした行動パターンを犬が学習して、憶えてしまったら、外に出たい=トイレを荒らせば出られる、の図式が出来上がっていますので、そのたびにトラブルを起こすことになります。

こうなってしまうと、飼い主としては行動パターンを変えて、犬に再学習させなければなりません。ケージが嫌いなのかもしれませんので、ごほうびをうまく使って、ケージは不快で無いことを教えるのも、効果があります。

 

トイレにもイタズラ防止策を施す

ここまで読んできたことを実行して、さらにトイレ対策すれば、かなり効果的と思うよ。

洗えるタイプのトイレシートを使う

犬がトイレシートを噛みちぎってしまうなら、シートの誤飲防止対策も兼ねて、洗って繰り返し使えるタイプのトイレシートを、お勧めします。使い捨てタイプのシートを、噛み千切ってしまうワンちゃんでも、このタイプはなかなか噛み千切れないのです。

使い捨てタイプと違って、繰り返し使えるので安上がりで経済的でもあり、メリットが多いのですが、デメリットとしては、洗濯が結構面倒な点が挙げられます。何度も洗わないと、臭いや汚れが落ちにくいです。乾かす時間も考えると何枚か買っておいて、ローテーションで使うと良い感じです。

トイレトレーを使ってみる

トイレシートをそのまま使っているなら、まずはシートをしっかり固定できる、トイレトレーを試してみましょう。シートを固定するだけでも違いますが、網目になったメッシュタイプのトレーならシートを引っ張り出しにくいので、イタズラ防止効果も高いです。

こんな壁付のトレーも便利かも。小型犬ほど片足上げておしっこする割合が多いそうですので、飛沫防止対策も兼ねて、いかがでしょう。

トイレトレーを壊す

犬の力が強いと、プラスティック製のトイレトレーでは、物理的に破壊されてしまう場合もあります。大変高価ではありますが、壊されないようにオーダーメイドで、ステンレス製の頑丈なトレーを使ってみるのはどうでしょう。

引用:株式会社丹羽シートメタル

噛り付き防止の為に、トイレトレーにしつけ用のスプレーをかけるのも、試してみたいです。やることはスプレーひと吹きするだけ、と簡単お手軽なので、やってみる価値があると思いますよ。まずは犬に隠れて、こっそりトレーに塗布してみて下さい。

スプレーは,一度使っただけで効くというものでは無く、繰り返し使用することで,徐々に効果が出てくるもので、即効性は期待できませんので、そこはご注意を。

ちょっと!あたしのケージで何してるのよ!
ぎくっ!
ご、ごしゅりんさま。

 

まとめ

  1. イタズラ防止以前に、散歩や運動の時間が足りているか。犬はイライラをイタズラで解消する。
  2. 思いっきり遊んで、体力を使わせることは、イタズラ防止の基本。
  3. 犬の習性を理解して、無用なストレスを与えないようにする。
  4. 飼い主の何気ない行動が、犬に誤解を与えて、問題行動を引き起こすことも。
  5. トイレに直接イタズラ防止対策するのは、やはり効果的。

犬のイタズラ防止策の流れは、「基本的な遊びや運動が十分か」→「犬の習性を考慮した付き合い方をしているか」→「トイレにイタズラ対策を講じる」の順でチェックすれば、大体の問題は解決されると思います。

今回の記事が、犬のトイレのイタズラでお困りの皆さんの、防止対策のヒントになれば幸いです。最後までお読み頂きまして、ありがとうございます。

【あなたが何気に選んでいるドッグフードが愛犬の健康を害している可能性があることをご存知ですか?】

愛犬にはいつまでも健康で長生きして欲しい。わんちゃんを飼っている人なら誰もがそう願いますね。

しかし、そうあって欲しいと思っていても飼い主の都合でわんちゃんの健康を害してしまう場合があります。

その大きな原因は毎日の食事にあります!

わんちゃんに毎日食べてもらっているドッグフード。たかだかドックフードくらいと思っていませんか? されどドッグフードです。しかも、毎日食べるものです。

私達も毎日の食事を疎かにして「健康に気を使ってます」なんて言えませんよね。

特に、「ミール」と「オイルコーティング」の恐怖を知ってしまってからは絶対に原材料を確認して、人間でも食べれる食事を与えています。

毎日の健康は毎日の食事から。わんちゃんのことを大事に思っている方なら、すぐにドッグフードを考えなおしてください。

ここでは自称犬オタクの私が愛犬のラテ、マロンのために一生懸命考えて選んだドッグフード「このこのごはん」を紹介します。

このこのごはん商品レビュー
ラテとマロンにいつまでも元気にいてほしい。本当に体にいいものだけを与えたい。だから私は国産無添加のこのこのごはん一択です。しかも、好き嫌いの多いラテが毎日完食?! この食い付き半端ないです!!

このこのごはんを徹底大解剖!! 私がこのこのごはんをお勧めする理由とは?!

2019年2月3日
Sponsored Link