犬の爪の切り方をマスターしよう!初心者でも失敗しない方法

【あなたが何気に選んでいるドッグフードが愛犬の健康を害している可能性があることをご存知ですか?】

愛犬にはいつまでも健康で長生きして欲しい。わんちゃんを飼っている人なら誰もがそう願いますね。

しかし、そうあって欲しいと思っていても飼い主の都合でわんちゃんの健康を害してしまう場合があります。

その大きな原因は毎日の食事にあります!

わんちゃんに毎日食べてもらっているドッグフード。たかだかドックフードくらいと思っていませんか? されどドッグフードです。しかも、毎日食べるものです。

私達も毎日の食事を疎かにして「健康に気を使ってます」なんて言えませんよね。

特に、「ミール」と「オイルコーティング」の恐怖を知ってしまってからは絶対に原材料を確認して、人間でも食べれる食事を与えています。

毎日の健康は毎日の食事から。わんちゃんのことを大事に思っている方なら、すぐにドッグフードを考えなおしてください。

ここでは自称犬オタクの私が愛犬のラテ、マロンのために一生懸命考えて選んだドッグフード「このこのごはん」を紹介します。

このこのごはん商品レビュー
ラテとマロンにいつまでも元気にいてほしい。本当に体にいいものだけを与えたい。だから私は国産無添加のこのこのごはん一択です。しかも、好き嫌いの多いラテが毎日完食?! この食い付き半端ないです!!

このこのごはんを徹底大解剖!! 私がこのこのごはんをお勧めする理由とは?!

2019年2月3日

皆さん爪切りはどうしていますか。慣れた飼い主さんなら、毎月飼い犬の爪を、自分で切ったりしている事と思います。え?犬に爪切りが必要って知らなかった?それはいけません!飼い始めたばかりの方は、ご存知ないかもしれませんが、犬は定期的に、爪切りが必要なんです。

ワンちゃんの爪が伸びすぎると、歩くとだけでも床や地面に、伸びた爪が当たって動きづらいし、何かに引っ掛かけて怪我したりする、なんてことも考えられますので、爪のお手入れはとっても重要です。でも犬を飼い始めたばかりで、爪切りなんて自分で出来るのかな?と不安な方もいらっしゃるかと思います

既に犬を飼っている方も含めて、これから自分でも爪切りに挑戦してみようか、とお考えの方々に向けて、今回は失敗しない切り方を、ご紹介したいと思います。

Sponsored Link

爪から健康状態もわかる

イタタッ!伸びた爪が服に引っかかって少し剥がれちゃったよ。爪が伸びると危ないなあ。こんなに伸びていたのに気が付かなかったなんて。
あたしたちの爪の手入れも忘れないでね。

爪を切る目安は、およそ爪の先が、床に着く程度の長さになったら、そろそろ必要になります。いつも外で遊び回っていられるような環境だったら、その活動中に自然と爪も削られて適度な長さが保たれるんですが、室内飼いだとそのような機会は散歩のときくらいで、それだけだと伸びる方が速くて、削れるのが全然追いつきません。

人間も爪を伸ばし過ぎたり、割れたりしてると衣服などに引っかけて、怪我することありますけど、犬もそれは同じで、伸びたまま放っておくのは危険なんですよ。

それと犬の健康状態が、爪の状態からも判断できるって事はご存知ですか。例えば犬も人間も爪はタンパク質のケラチンから出来ていますが、栄養が偏ったりタンパク質が不足して、健康状態が悪化すると、爪が荒れて痛んだり、ボロボロになったりします。

つまり、爪の状態に異常が無いか見ることで、病気が重篤化する前の比較的軽い段階で、発見することもできる、ということですね。予防の観点からすると、犬の爪切りは定期的に、そして飼い主が自分でやった方がいいですね。

 

伸びすぎ注意!!爪の切り方はプロに学ぶ

犬を初めて飼う方だと、犬の爪ってどうやって切ればいいか、わからないですよね。そういう方が、いきなり自分でやろうとするのは、ちょっと危ないかも知れません。確かにネットで調べると、やり方を紹介しているサイトはたくさんあるので、それを見れば、何となく自分でも出来そうな気になる方も、いらっしゃるでしょう。

でも、ちょっと待ってください。それだと下手すると、ご自分のワンちゃんが、怪我してしまうかもしれませんよ。実際やったことが無いことを、知識が不十分なままやるのは、危険です。

そんなに難しいことでもありませんから、ここは安全第一で、慎重に手順を踏んでやっていきましょう。

切る頻度はどれくらい?

室内飼いしている犬だと、外飼いの犬と比べて、爪がこすれてすり減る機会も少ないので、爪切りの頻度は月1回程度と言われています。

犬の爪を切るには、道具を揃える必要もあるので、いきなり自分でやるのは、止めておきましょう。まずはペットサロンや、動物病院で爪を切ってもらうのをおすすめします。値段は500円~1000円程度で、かかる時間もたいてい5分~10分だから、気軽に利用できると思います。

動物病院を利用すれば、ついでに健康チェックも兼ねられるので、一石二鳥でもありますね。もし毎月出かけるのが億劫でなければ、わざわざ自分でやらなくても、動物病院に完全お任せにしてしまうのも、悪くない選択だと思います。

実はぼくは犬の爪の切り方を、ペットサロンのお姉さんに教えてもらったのさ。聞いたらけっこう親切に教えてくれたよ。
優太君の場合、マロンやわたしの爪切りをダシにして、お姉さんと仲良くなりたかったんじゃないの?
なっなっ何故それを?

どこまで切るか?お手本の写真を撮ろう

自分で切りたい方は、動物病院やペットサロンで、やり方をよく見ておきましょう。不明な点があれば、その時よく質問しておくのもいいと思います。そして次が重要なんですが、プロが犬の爪を切った状態を、写真に撮っておくのです。

百聞は一見に如かず、と言いますが、ここで理想的な犬の爪がカットされた状態を、写真で記録しておけば、後になって自分でやろうとする時に、どこまで切っていいかが、視覚的にすぐ確認できて大変便利です。

当たり前のことですが、たとえネットに、犬の爪切り情報が山のようにあったとしても、自分のワンちゃんの模範的な、爪を切った状態の写真って自分で撮らない限り、どこにも無いですからね。さらに、出来れば切ってもらっている時の、動画も撮っておけば、後で手順を復習するときに、とても役立ちます。

やっぱりプロの手並みはすごいね。毎日やってるだけのことはあるよ。参考の写真撮らなきゃ。
爪の垢を煎じて飲まないと、ね?
うまい!ラテちゃんに座布団1枚!

やり方は動画でも学べる

写真と違って、自分で動画まで撮るのは、さすがに難しいかもしれませんので、そんな方は復習のために、YOUTUBEなどの動画サービスを使って、爪の切り方を確認しましょう。写真は貴重な情報ですが、完成図しかないので、そこに至るまでの道筋が解りません。

でも動画なら、写真では抜け落ちてしまった、実際の爪切り作業のやり方を、順を追って理解出来ます。完成品の写真では足りない部分を補ってくるので、非常に役立ちますよ。もう切り方を憶えてしまったなら、写真だけで十分ですが、慣れないうちは、何度でも見て大いに活用して下さい。

 

自分で爪を切ろう

準備はゆっくり慎重にね。でも爪切りは、犬にとってストレスになる場合が多いから、なるべく短い時間で終わらせてあげたいね。

切り方を復習しておく

もう一度、写真や動画などでやり方や手順を十分復習しておきましょう。特に初めてやる時は、段取りを決めておくとスムーズに進めやすいし、万が一トラブルがあっても対処しやすいですよ。

保定する

爪を切っている時に、犬に動かれて、作業にならない事態は、避けたいところです。特に慣れないうちは、1人より2人で役割を分担することをおすすめします。1人が保定(犬が動けないような抱き方)を担当し、もう1人が爪を切る、といった具合だと作業もスムーズに進みますよ。

良い道具を使えば素早く切れる

爪切りが安物だと、切れ味が悪くて切りにくいです。時間もかかるし、後のやすり掛けの手間も掛かり大変です。切れ味悪いと、下手すると犬の爪が、割れてしまうこともあって、ワンちゃんへの負担が重くなってしまいます。

でも道具が良ければ、切り口綺麗に爪切りも早く終わって、やすり掛けもほとんど必要ありません。犬も飼い主もストレス少なく、値段以上の恩恵が受けられますよ。

使っているうちに段々と切れ味が落ちてきて、作業効率が悪くなってきたなと感じたら、新しいものとの交換をお勧めします。

もし爪切りを買っては見たものの、使いにくさを感じるようならば、別のタイプの購入も検討してみましょう。爪切りは毎月の作業ですので、一時的に出費が多くなったとしても、長い目で見れば、自分にとって使い勝手が良いものを使う方が、効率よく作業が出来て満足いくと思います。

手入れ道具は、ケチっちゃダメよ。
ははっ!その点ぬかりはございません!

切った後はごほうびも

飼い主も、いつもと違うことをするので、その只ならぬ気配が犬にも伝わって、爪切りを嫌がるかもしれません。爪切りの印象を、少しでも良いものに変えたいので、嫌がる犬には、切り終わったらごほうびをあげましょう。

ガクガク、ブルブル!
そんなに怖がらなくても一度も失敗無かっただろ?終わったら大好きなお菓子が食べられるよ

切らずに削る

裏技的やり方ですが、自分でパチンとやるのが怖ければ、電動式の爪トリマーなんていかがでしょうか。これは爪切りと違って切断するのではなく、機械で爪を削っていくタイプなので、切り過ぎによる失敗がありません

切らずに削ること自体は、電動でなくても自分でやすり掛けすれば、同じように出来ます。でもそれでは時間がかかってしまって、多くのワンちゃんは我慢できないと思います。

電動式トリマーは、それほど大きくないですが、動作音が出るし、削るときの振動もありますから、この音や振動をワンちゃんが怖がって吠えたり、逃げたりするようだと使うのは難しいです。でもそれさえなければ、過去に爪切りで失敗して、嫌がるようになったワンちゃんにも、有効かも知れませんので、検討してみてはいかがでしょう。

慣れないうちはパチンとやるのが結構こわいんだよね。
失敗したら承知しないわよ?
ブルブルブルブル!
こんなプレッシャーもあるし、電動式も試してみようかな・・
関連記事
電動トリマーに興味のある方は、こちらをご覧ください。

トリマーも顔負け?みんなにおすすめしたい犬用の爪切りとは?

2018年12月5日

 

爪を切る上での注意点は?

切りすぎ注意

人間の爪と同様に、血管が通っているところは、赤みがかっていますので、そこまで切らないように注意して下さい。人間と同じ感覚で深爪すると出血の可能性もあります。白い爪の犬なら簡単に解りますが、爪が黒い犬だとちょっと見た目で判断が難しいです。

陽の光に照らすと見えるんですが、解りにくいと思います。どこまで切っていいか解らなくなったら、動物病院で切ってもらった時の写真を参照してみて下さい。

出血に備える

止血剤という便利なものがあります。でもこれは、ワンちゃんのためを考えると、あまりお勧めできません。確かに即効性はあるんですが、患部を焼くような止血法なので、すごく痛いのです。ですからよっぽども事が無い限りは使用したくないですね。

それよりも、どこの家庭にでもあるようなものを使いましょう。ガーゼやハンカチで、圧迫することでも止血できるし、片栗粉や小麦粉を、出血した爪に入れても、止血効果があります。血が止まったら、患部を洗浄して清潔にしてあげましょう。

 

まとめ

  1. 犬の爪の伸びすぎは怪我のもと。定期的に切る必要がある。
  2. 自分で出来なくても、動物病院やペットサロンで爪切りしてくれる。
  3. プロに爪切りしてもらって、自分がやるときのお手本用の写真を撮る。もし動画も撮れれば完璧
  4. 実際やるときは、事前に納得するまで写真や動画で復習する。どこまで切っていいかを十分確認。
  5. 良い道具は、作業をスムーズにする。段取りが整っていれば、大抵のことはうまく行く。
  6. 万が一のケガに備えて、止血の準備は必ずする。
  7. それでも自信がなければ、自分でやらずプロを頼る。

自分で爪を切るのは、段取りを踏めば、それほど難しいことは無いと思いますが、そこは生きてる犬が相手。ワンちゃんの個性もありますし、何が起こるか解らないので油断はできません。

道具もそろえて準備万端で、いざ実行という時になって、やっぱり自信が無い、と思ったら無理せず止めておきましょう。安全第一です。

「ここまで準備したんだからやらなきゃ」、なんて頑張る必要はありません。飼い主がそんな状態では、犬も怯えて多分うまく行きません。人間だれしも得手不得手というものがありますから。そんな時は、プロに任せるのも良い判断ですよ。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

【あなたが何気に選んでいるドッグフードが愛犬の健康を害している可能性があることをご存知ですか?】

愛犬にはいつまでも健康で長生きして欲しい。わんちゃんを飼っている人なら誰もがそう願いますね。

しかし、そうあって欲しいと思っていても飼い主の都合でわんちゃんの健康を害してしまう場合があります。

その大きな原因は毎日の食事にあります!

わんちゃんに毎日食べてもらっているドッグフード。たかだかドックフードくらいと思っていませんか? されどドッグフードです。しかも、毎日食べるものです。

私達も毎日の食事を疎かにして「健康に気を使ってます」なんて言えませんよね。

特に、「ミール」と「オイルコーティング」の恐怖を知ってしまってからは絶対に原材料を確認して、人間でも食べれる食事を与えています。

毎日の健康は毎日の食事から。わんちゃんのことを大事に思っている方なら、すぐにドッグフードを考えなおしてください。

ここでは自称犬オタクの私が愛犬のラテ、マロンのために一生懸命考えて選んだドッグフード「このこのごはん」を紹介します。

このこのごはん商品レビュー
ラテとマロンにいつまでも元気にいてほしい。本当に体にいいものだけを与えたい。だから私は国産無添加のこのこのごはん一択です。しかも、好き嫌いの多いラテが毎日完食?! この食い付き半端ないです!!

このこのごはんを徹底大解剖!! 私がこのこのごはんをお勧めする理由とは?!

2019年2月3日
Sponsored Link